横手セントラルホテルは旅の我が家をコンセプトに、秋田県横手市の中心に位置し、横手駅より車で5分。官公庁に近く、山と川を望む自然の中に立地しており、日本の四季を彩るような行事の中、二月の小正月に行われるかまくらは全国的に有名です。

横手市内の観光、催し、文化、歴史等の情報
祭り
横手のかまくら
横手のかまくら(2月15日・16日)
かまくらは毎年2月15・16日の夜に行われる小正月の伝統行事で、みちのくの冬の風物詩として全国的に知られています。左義長という小正月の火祭りが、井戸のある場所に水神様を祀る行事へと変遷し、現在の形態となったものです。正面中央には神棚が作られ、水神様が祀られています。

ぼんでん
ぼんでん(2月16日・17日)
毎年2月17日に旭岡山神社本殿に奉納され、江戸時代から行われているとされており、勇ましい「ジョヤサ、ジョヤサ」の掛け声とともに激しい揉み合いが繰り広げられます。

送り盆まつり
送り盆まつり(8月15日・16日)
江戸時代中期の「天明の大飢饉」による死者の供養として精霊を送ったのが始まりとされる祭り。屋形船がぶつかり合う繰り出しは見事です。

桜まつり
桜まつり(4月下旬~5月初旬)
横手公園内に植えられた5,000本の桜が花を咲かせ春を満喫させてくれます。穏やかな日差しと香しい風が悠久の時の流れを感じさせます。

みどころ
横手いこいの森
横手いこいの森   当ホテルより車で約5分 
横手いこいの森は横手公園から連なる市の北東にあり、散策路が整備され、「ゆきつばきの道」「せせらぎの道」「熊ノ堂参道」「こもれびの道」など、目的に応じたコースを選べます。森林浴をしながら手軽に散歩ができます。

後三年の役 金沢資料館
後三年の役 金沢資料館   当ホテルより車で約15分 
横手市北部の金沢地区は、史上名高い後三年の合戦にゆかりのある多くの地名や史跡・伝説が、豊かな自然とともに息づいています。
「後三年の役」にゆかりのある金沢地区にあり「奥州後三年合戦絵詩」をはじめ貴重な歴史資料が並んでいます。

平安の風わたる公園
平安の風わたる公園   当ホテルより車で約20分 
「後三年の役、古戦場歴史と伝統の浪漫回廊整備構想」の目玉として平成三年西沼のほとりにオープンした歴史公園です。公園内には、三連の大太鼓「雁橋」四武将のブロンズ像、古戦場地図をはじめ、「後三年の役」を直接肌で体感できる東北一の壁画レリーフなどがあります。

秋田ふるさと村
秋田ふるさと村   当ホテルより車で約10分 
秋田の美術・工芸・生活文化・食文化など有形無形文化財を継承する郷土文化など「秋田のすべて」がわかる大規模な文化レジャー施設です。

石坂洋次郎文化記念館
石坂洋次郎文化記念館   当ホテルより車で約5分 
「若い人」「山と川のある町」など、横手を題材にした作品で文壇にその地位を築いた石坂洋次郎が、横手で教鞭をとった時代の雰囲気を残した文化記念館です。

日新館
日新館   当ホテルより車で約5分 
明治35年旧制横手中学校の英語教師として赴任してきたアメリカ人チャールスの居住として建てたもので、明治時代の木造洋風住宅です。 秋田県の指定有形文化財。

雄物川民家苑木戸五郎兵衛村
雄物川民家苑木戸五郎兵衛村   当ホテルより車で約20分 
江戸~大正時代のかやぶき民家4棟が移築、復元されており、往時の面影を伝えます。平成18年4月1日、市指定有形文化財になりました。四季折々の自然の中で、先祖の知恵がちりばめられた雄物川民家苑。

かまくら館
かまくら館   当館より車で約5分 
横手市の歴史と文化の拠点「かまくら館」。建物の中には本物の雪のかまくらが展示されており、一年中通して体験できます。